農業を行っている方の中には、農機具が故障しやすくて困っているという悩みを持っているケースもあるのではないでしょうか。農機具も機械なので、定期的なメンテナンスが必要になります。メンテナンスを怠ってしまうと、すぐに故障してしまう可能性もあります。

そこで今回は農機具のメンテナンスと修理について紹介していきます。

回転部分の錆に注意しよう

農機具の中でも故障の可能性が高いのが、コンバインです。コンバインは錆びやすいのが特徴の農機具と言えます。特に回転部分のチェックが必要になります。回転部分が錆びてしまうと、コンバインが正常に作動しなくなる可能性が高いです。

この回転部分の錆は長期的な保管が原因と考えられます。使用頻度が高くない場合は、定期的に回転部分のメンテナンスを行うのがオススメです。錆を防ぐために使用の目的がなくても、定期的に稼働させるのも良い方法と言えます。

使用前に回転部分に油をさして動作確認を行うのも重要なメンテナンスと言えます。錆を防止するためには保管部分にも注意が必要です。金属は水との接触で錆びつくケースがあります。そのため保管スペースは水がない場所が適しています。

それでも空気に触れることで錆びる可能性もありますが、水で濡れてしまうよりは保管状態が良くなります。より保管状態を良くするためには、錆びにくくなるスプレーを使用するのが効果的です。錆を防止するスプレーを使用することで、回転部分が錆に強くなるでしょう。

コンバインはベルトの部分が切れてしまうこともあります。ベルト部分が切れてしまえば、農機具としての使用に影響を及ぼします。ベルトが切れた場合には、すぐに新しいものに付け替えるのが重要になります。

草刈り機やチェーンソーはオイルのチェックが重要

草刈り機やチェーンソーはオイル部分の故障が多い傾向にあります。これはエンジンオイルの沈殿が原因として考えられます。エンジンオイルの沈殿によって、オイル自体が腐ってしまう可能性があるでしょう。オイルが腐っていると農機具が正常に作動しなくなるため、使いたいときに使えないという状況に陥る可能性があります。

エンジンオイルの沈殿は構造上の問題でもあるため、改善するのは難しいです。しかし、対処の方法がないわけではありません。エンジンオイルの沈殿が起きていることが分かったときに、オイルの交換を行うのが効果的です。

新しいオイルを入れてしまえば、オイルが腐っている状態から逃れられるため、使いたいときに農機具が使えます。このことを考えると、草刈り機やチェーンソーを使いたいときには、新しいオイルを買っておくのが良いと言えます。

草刈り機やチェーンソーの不具合として、キャプレターの故障が考えられます。キャプレターが故障してしまうと農機具は使えません。他にも長期的な使用が原因で考えられるのは、パッキン部分の不良です。これも農機具の正常な動作を妨げる原因となります。

これらの不具合は、キャプレターやパッキンを新しいものに変更するのが有効な手段と言えます。新しいものに変更することで、部品の本来の機能を取り戻すでしょう。草刈り機やチェーンソーのメンテナンスとしてはオイルを抜くことが効果的です。

草刈り機やチェーンソーの使用後にオイルを抜いておくことで、オイルを腐らせることがなくなります。

田植え機は腐食も考えられる

田植え機にも錆びつきが発生する可能性があります。しかし、田植え機の場合は錆だけで済まないケースもあるでしょう。それは錆びついた部分の腐食です。これは長期的な保管が原因となっています。錆を放置したまま、田植え機を長期間使用していないことで、錆びついた部分が腐食してしまいます。

田植え機は肥料を散布するときに使用することが多いでしょう。その肥料の散布も腐食の原因となっています。これは肥料に含まれている成分が腐食を起こしていると考えられています。肥料にはアンモニアが入っていることが多く、そのアンモニアが腐食を進行させているケースがあります。

この腐食が進むと作業部分の故障も起こしてしまう可能性があるため、定期的なメンテナンスで予防していくことが求められます。効果的なメンテナンスとして挙げられるのが洗浄です。使用後の洗浄だけでなく、定期的な洗浄も重要なポイントと言えます。

頻繁に洗浄を行うことで錆びつきや腐食が少なくなるでしょう。

購入前に取り扱いの方法を知っておく

農業を行うことが決まれば、農機具を購入することになるでしょう。しかし、購入の際に取り扱いの方法を聞いていない人もいるのではないでしょうか。

購入前に教えてもらう取り扱い方法は、基本的に農機具を長持ちさせるためのものです。

教えてもらったことを忠実に守っていれば、故障のリスクは低くなるでしょう。

農機具を購入する場所を選ぶのも重要なポイントです。購入した場所によっては、サービスとして定期的なメンテナンスを行ってくれるケースがあります。この定期メンテナンスのサービスが受けられるケースと、受けられないケースでは故障のリスクが変わってきます。

定期的なメンテナンスが受けられれば、故障する前に改善点を教えてもらえます。場合によっては、壊れそうな部分の補修を行ってもらえるケースもあります。このようなアフターケアを受けられる店舗を上手く探すことで、安心して農機具を扱えるというメリットも得られます。

→農機具の種類を知れば、農業に詳しくなる?色々な農業機械や作業機を紹介!

どうしても自分でメンテナンスができない場合は業者に依頼しよう

メンテナンスにもお金が必要になるため、基本的なメンテナンスは自力で行いたいという人もいるでしょう。しかし、メンテナンスにも知識や技術が求められます。

どうしても自分ではメンテナンスができないというケースも考えられます。そのような状態で無理やりメンテナンスや修理を行っても、良くない部分を悪化させるだけになってしまう可能性が高いです。そうなれば修理が難しくなり、新しい農機具を購入することになるかもしれません。

新しい農機具を購入することになれば、修理よりも高額な費用を支払う可能性が高いです。そうなれば結果的に損をしてしまうことになります。そのような事態を回避するためにも自力でのメンテナンスや修理が無理だと判断したら、業者に依頼してメンテナンスや修理を行ってもらうのがオススメです。

お金を支払うことにはなりますが、業者に依頼することによって農機具が長持ちする可能性が高いでしょう。