使わなくなった農機具を買い取ってもらいたいけど、どこに買い取ってもらえばいいの?とお悩みのあなた。実は、どこでも電話一本するだけで、その使わなくなった農機具を買い取ってくれるところがあるんです。今回は、そんな出張・高額買取をしてくれる農機具ひろばについてご紹介します。「参照 ... 農機具 買取 ... 農機具高く売れるドットコム

とても買い取ってもらえる状態ではないんだけど・・・という方は必見です。

経験豊富なプロによる査定

農機具ひろばでは、経験豊富なプロが査定を行います。電話で農機具のメーカーや型式、年式等などを伝えれば概算価格も出してくれますが、やはり一度しっかり目で見て査定してもらった方が安心です。査定でのポイントですが、メーカーと型式によって金額が大きく変わってきます。

例えば車でも、人気メーカーの有名車種というのは、古くて走行距離が長かったとしても査定額は下がりにくいですよね。逆に言えば、不人気メーカーの不人気車種だと金額ががくっと下がってしまいます。農機具も同じで、人気メーカーの人気モデルであれば、高く買い取ってもらえる可能性が大きくなります。

また、たとえ古くてボロボロの状態であったとしても、高額買取の可能性はあります。それは海外への輸出が見込まれるためなのですが、だからといって農機具であれば何でもいいという訳ではありません。古いモデルだと現地で修理され使われるのですが、その国で部品が流通していないメーカーやモデルだと、値段が付きにくくなるのです。

なので、既に海外である程度の流通量があり、人気もあるモデルですと古くてもある高く買い取ってもらえます。また、タイヤやキャタピラの状態、エンジンや駆動系の状態といったものも査定に反映されてきます。タイヤやキャタピラがすり減っていたり、ゴムの状態が悪くて交換をしないといけないようであれば、査定ではマイナスになってしまいます。

逆にエンジンや駆動系では、エンジンの掛かりがよく、駆動系も問題なく動くようであれば、古かったり傷だらけだったりしても高値が付くのです。調子の悪い農機具であれば、それが簡単に修理できるものであるかどうかを見極めるため、もしエンジンなどの調子が悪くても一度相談することをおすすめします。

最後に、もしオプションなどが付いていた場合査定に反映するかどうかですが、トラクターの場合であれば4WDの人気が高く、逆にロータリーが付いていないと大きくマイナスの査定になってしまいます。フロントショベルなどは、あった方がよいものではありますがそれほど査定ではプラスにならないのが実情のようです。

これらのことから言えるのは、農家のニーズに合致する仕様やオプションは評価されるものの、最低限のものが付いていなければマイナスの査定になってしまうということです。

また、特殊過ぎて需要が低いものは評価されにくいので注意してください。これらの項目をプロの査定員がしっかりチェックして、1円でも高く買い取ってくれるのが農機具ひろばです。

対応エリアが広範囲

農機具ひろばの対応エリアは、北は青森、南は鹿児島までと広範囲にわたっており、そのエリア内であれば出張査定・買い取りをしてくれます。スマホやパソコンからのネット受付、もしくは電話一本で査定に来てくれるのはとてもありがたいですね。

農機具ひろばでは対応エリアで買い取りの他に自社での販売もしているため、中間マージンが少なく設定でき、他社よりも高値で取引できる仕組みができています。

農機具を買い取ってもらう流れ

スマホやパソコンからのネット受付、または電話で連絡をするとスタッフから連絡があるので、訪問してもらう日時を決めます。その後査定員が訪問し実際に農機具を見て査定を行うのですが、同じ年式や型式でも、所有者が違えば当然機械の状態も違ってきます。

大切に扱っていた機具ほど高く買い取ってもらうことが可能なので、必ず一度見てもらうようにしましょう。電話やメールでは分かりづらい機械のグレードなども、プロの査定員が目で見て、買い取り価格にフィードバックしてくれます。

そして査定金額と根拠について、査定員がしっかりと説明してくれるので、その内容で良ければその場で現金支払いとなります。最後に、農機具の引取方法や日程の調整をして、後日農機具の引き取りに立会えば買い取りが完了となります。

このように農機具ひろばであれば安心して買い取りをしてもらえるのですが、中には悪徳な買取業者も存在します。適正な買取相場を知っていながら安い査定額を提示したり、買い取りが成立しても代金の支払いを行わない業者がいるのです。

傷が付いている、人気がないモデル、変形している、など色々な理由を付けて農機具の悪口を言い、商品としての価値がないような印象を与え、不安感を持たせようとします。これから農機具の買い取りを考えている方は、こういった悪徳業者には十分気を付けてください。

買い取りされた農機具のゆくえ

買い取りされた農機具は、農機具専門の売買を行うネットワークや、農機具を必要としている顧客に販売し、整備や修理をされて使われることになります。また最近では、海外への輸出やネットオークションを利用するなど、一番高く売れるような方法がとられています。

農機具ひろばはこういった複数の販売ルートを持っているからこそ、どこよりもギリギリまで高い金額で買い取りをすることができるようになっています。

→農機具の種類を知れば、農業に詳しくなる?色々な農業機械や作業機を紹介!

気になる疑問点あれこれ

実際に農機具を買い取ってもらうとなると、細かい疑問点や不安なことなどがあるかと思いますので、農機具ひろばに寄せられた声をいくつかご紹介します。ます、農機具なら何でも買い取ってもらえるのか?ということですが、基本的に、査定員は買い取ることを前提として機械を見に来ますが、品物によっては買取できない場合があります。

また動かせない農機具であっても、牽引や解体、分解などの最適な引取方法を説明してくれるので心配ありません。そして、訪問してもらうのではなく実際に農機具を持ち込んで買い取りしてもらことはできるのか?ということですが、事故やトラブルの元となるため、持ち込みは受け付けていないようです。

最後に、使わない農機具があり、買い取りではなく引き取ってもらうことはできるのか?ということですが、これは状況によって変わってくるため、一度農機具ひろばに相談してみることをおすすめします。